MENU

配偶者の勤務先に在籍確認をされる?

在籍確認とは申し込みした本人が申し込み書類に書いてある勤務先に本当に在籍しているか電話で確認するもので確認をとるタイミングは審査の最後に行われる事が多いようです。
専業主婦の場合、在籍確認はほとんどないようであったとしても自宅の固定電話か申込者本人の携帯電話にかかってきます。

 

専業主婦の場合、総量規制の関係上消費者金融の配偶者貸付を利用するか、総量規制の対象外の銀行のカードローンのどちらかになってきます。
銀行のカードローンの場合の在籍確認は銀行名を名乗ることが多いようで、家族に内緒にしている場合自分が口座を持っている銀行名で電話連絡がきても不自然ではないですが普段利用してない銀行で借入した場合などは電話でばれる可能性などが心配なら事前に相談すれば担当者の個人名で電話をかけてきてくれるなどの対応をしてくれます。

 

ただここで気になってくるのが配偶者の勤務先に在籍確認をされるかどうかです。
銀行のカードローンの条件には配偶者に安定した収入が条件になってるのが多いですが申し込みの際には配偶者の勤務先などの情報が必要になりますが配偶者の会社へ在籍確認はされることはないです。
ただ消費者金融の配偶者貸付を利用してる場合、配偶者の同意書や婚姻関係の証明書など借りる金額によっては収入証明書類などが必要になってきます。
さらに配偶者の勤め先へ在籍確認が必要になってきます。
消費者金融の在籍確認では業者の名前を名乗ることはなく「××と言うものですが○○さんいらっしゃいますか?」という具合に担当者の個人名でかかってくるので会社や同僚にばれることはありません。